香川県の観光大使&NHKのドラマにも出演のイケメン俳優が女性向け違法風俗を経営

マッサージルーム 女性客向け風俗

香川県の観光大使として、うどん県の副知事等、地元のPRにご尽力をなされ、昨今では、NHKの朝の連続テレビ小説で、ドラマ出演をされている大物イケメン俳優さんが、東京の三軒茶屋で、女性向け違法風俗(女風)を経営しようとしていたことが週刊誌に取り上げられました。

普通に風営法の届けを出せばよかったのでは・・・

別に警察に風営法の届出を提出すれば、問題のない話なのだし、なぜ提出しなかったのかしら。

風営法の届出だって、地元の警察署に書類を揃えて何回か通えば、取得出来るのだし、料金だって、証紙代で数千円なのに。それに、時間が無いのあれば、行政書士に依頼すればすんなりいく話だと思うわ。

「性病の方はお断り」“らんまん”悪役・要潤が女性用違法風俗を出店しようとしていた! 要は直撃に「もうまちがいなく認識不足でした…」(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
 俳優の要潤(42)が、違法な女性風俗店を営業する計画を立てていたことが、「 週刊文春 」の取材でわかった。

大物イケメン俳優さんは、「もう間違いなく認識不足でした・・・」っておっしゃってますが、これは大嘘だと思うわ。

だって、「表向きはまっとうなマッサージ店ですが、実際は女性用の風俗店」と仰っている時点で、隠して営業する気まんまんじゃない。

色々とお立場のあるご本業があったからなのかも知れないけど、そこは逆に正当であって欲しかったわね。これで、香川県に対するイメージも、NHKに対するイメージも芳しくないものにならなきゃいいのだけど・・・。

2021年からの話で今は2023年なんだけど放置なのかしら

記事によると、副業で女性専用風俗(女風)を始めようとしていたとあるのだけど、2021年の話よね。
ホームページサイトもあったようだし、でも現在は2023年よ。
2年以上も、営業しないで放置状態だったのかしら。

営業しようとしていたのではなく、既に営業していたのではないかしら。
東京の三軒茶屋に箱を用意していたみたいだし、大人用の玩具迄取り揃えていたのでしょう。
2年も営業しないで放置は、有り得ないわ。
三軒茶屋の箱の規模にもよるけど、家賃って結構するのよ。
それを、放置って明らかに副業に反していると思うわ。

あと、気になったのが大人用の玩具ね。
これって、毎回使い捨てなのかしら。
それとも使いまわしなのかしら。
使いまわしなら、なんだかヌーンとした気分になるわね。
だって、知らない女性の中に入っていたの物が、自分の中に入るってどうなの。
例え、綺麗に洗浄してしていたとしても、雰囲気的に萎えるわ。
それに、昨今梅毒などの性感染症も増えているみたいだしね。
逆に、使い捨てだった場合も、やはりヌーンだわ。
だって、使用した大人の玩具を、アダルトショップなどで、使用済み玩具として顔写真付けて販売されているかも知れないじゃない。
いつ隠し撮りされているのかもわかないのだし、そこは信用、信頼の関係が重要だと思うのよ。

だから、そういった信用、信頼関係の一環としても、公安委員会への風営法の届けは必要不可欠なのだと思うわ。
そうした、細かい一歩一歩の積み重ねが重要なのだと思うわ。
まあ、警察ばかりではなく、税務署への申告も正確に行わなくてはいけないのだけどね。

認識不足と云ったり未遂と云ったり闇を感じるわ

認識不足だったといったり、営業をしようとしていたと云ったり闇を感じるわ。

そもそも、営業していないなら週刊誌の記事にならないと思うのだけどね。

だって、これから公安委員会に風営法の届出を申請する処だったのかも知れないし、申請中だったのかも知れないじゃない。
普通のマッサージ店をそのまま、経営する流れで、大人の玩具はオーナーの私物って流れも考えられるわよね。
それを、営業しようとしていた、認識不足だったと認めて、記事になった時点でダメだと思うわ。

そして、闇が深いのは、こうしてバレバレに週刊誌にかかれているのに、まだ体裁を繕おうとする姿勢ね。
こういう、端々の小細工は芳しくないと思うわ。

タイトルとURLをコピーしました