所属する援デリが摘発されるが勤務26年の嬢の対応策などを紹介する闇

マッチングアプリ 男性客向け風俗

出会い系アプリなどで、男性と親しくなり実際にあって、金銭の授受を伴う性行為を行う、所謂「援デリ」の摘発がなされており、2022年1月18日にも、神奈川県を拠点とする「援デリ」が摘発されたが、その「援デリ」に登録する、夜職歴26年の女性に取材した記事がありました。

対応策はお上手な部類とは言い難いわね

デイリー新潮様の記事を読んだ私なりの感想

勤務する「援デリ」が摘発されても… 業界歴26年、アラフィフ風俗嬢が語る“サバイバル・ライフ”(抜粋) | デイリー新潮
今年1月18日、「ネット上で女性を装い売春をさせた」として、無店舗型風俗店を経営する男と従業員の男が売春防止法違反(周旋)で神奈川県警に逮捕された。…

これ、サバイバル・ライフとか仰っているけど、お上手な対応策とは呼べないんじゃないかしら。
まず、警察から電話があって、翌日電話をかけ直せと云って、そのまま放置でしょう。
これは、頂けないわね。
後日に回すのは都合もあるから、致し方ない部分はあるけど、放置はいけないわ。
警察の心象も悪くなるし、ヘタしたら援デリの業者に罪を擦り付けられるかも知れないわよ。
それに、後日警察が訪問してくる可能性もある訳だしね。
じゃあ、どうしたら良いかと云うと、電話を切ったら、風俗に強い弁護士の処に行って、対策やアドバイスなどを相談して、直接電話の有った警察に自ら赴くのが良いわね。
基本的に管理売春は経営者が捕まるから、この方の場合は、年齢的にも、国籍的にも問題は無いはずね。
違法風俗で、援デリって話でも、「違法とは知りませんでした。キチンと風営法の届出を出している正規店と云う認識でした。つまり、私は店舗に詐欺られていたということですか」の回答が理想ね。
実際に、売春行為を指摘された場合は「自由恋愛」で、突っ切るべきね。
とりあえず、警察には連絡を入れておいた方が良いと思うわよ。

あと、個人で援デリをやっているのは、危険って話だけど、それは同意。
警察に摘発された場合は、自分自身が、自分自身に対して管理売春を行っていることになるから、それだけでも不利になるわね。
あと、トラブルの際の対応だけど、それは援デリ業者によって様々だわよ。
何も助けてくれない、縁デリ業者も存在するわ。
判別の方法は、簡単でお客様の呼ばれた元に向かう時、スタッフが車で送迎をしてくれる処は、キチンと対応してくれるわね。
車の運転手は、ケツモチ(トラブル対応係)のような業務も兼ねるから、最初から最後まで、近くにいてくれると安全だわね。

それにしても、26年間も風俗って凄いわね。
そして、もうすぐ50歳でしょう。
もう、他の仕事には向かないのかも知れないわね。
でも、お客様が中国人や韓国人でなくて、良かったと云ってくれるってことは、中国人や韓国人のレベルって、どんだけってことよね。
まあ、風俗は熟女店とか、色々なフェチの店舗もあるから、まだまだ安泰って処かしらね。

タイトルとURLをコピーしました