旦那が金銭的モラハラの為にパパ活で生計を立てている主婦に取材

家計簿 お小遣い稼ぎ

30代の子供が2名いる主婦の家計事情を取材した記事です。6歳と4歳の子供がいる家庭で旦那さんが奥様に月の生活費として6万円を渡しているそうです。この金額で家賃と光熱費以外を賄わなくてならない状況で、アルバイトなどは禁止されている為に、こっそりパパ活で稼いで補っているそうです。

6万円で可能か現実を見せるべきだと思う

現代ビジネス様の記事を読んだ私なりの感想

年収1000万円の「パパ」に貰うお小遣いでギリギリの生活…30代妻が受けたヤバすぎる“金銭的モラハラ”(吉沢 さりぃ) @gendai_biz
子供2人と夫婦2人計5人家族なのに月に貰えるお金は6万円のみ。一方、旦那本人にモラハラの自覚は一切なし。自分は趣味のバイクやダイビングにお金を使うが、嫁が友人と外食を半年に1回するだけで嫌味の連発。6万で足りず、影でパパ活をしながら生活費を補填する嫁の苦労は一切考えず「月に6万も生活費をやってるんだから敬え」と常に言っ...

旦那様の金銭感覚がキツキツなんじゃないかと思うわ。
旦那様がレシートなどを細かくチェックしているなら、6万円の金額に見合うものを出せば旦那様も理解すると思うのよ。
ってか、レシートなどをチェックしているなら、パパ活でのお小遣い分が加算されるのだから、金額が合わないことは直ぐに解ると思うのだけど、どうなのかしら。
実際に6万円の金額で、納豆とか豆腐とか漬物だけとか婆臭い食事ばかりにして、自分も働くと旦那様に交渉しては如何と思うの。
旦那様の無理難題に辻褄を合わせるだけじゃ、いつまでも解決は難しいのではないかしら。
厳しい現実を突きつけてこそ、旦那様も理解を示すと思うわ。
だって、旦那様から金銭を要求するのではなく、奥様が自分で働くと云っているのだから障りはないでしょう。
ってか、パパ活で出かける時間があるのだから、パートやアルバイトも十分可能だと思うわ。

それに、世間的な体裁を気にされる旦那様が、パートをしているのがバレるのと、パパ活をしていたのがバレるのでは、火傷の具合も大幅に違うと思うのよ。
お小遣いで、5万、10万ともらっているのでしょう。
当然、贈与税は払って無いわよね。
因みに、普通に働いて稼いだ金額に対する税金より、贈与税の方がデカいからね。
パパ活で稼いでいた分に対して、税務署が入ったら一発OUTよ。
パパが年収1000万円ってことは、だいたい月の手取りが70万円くらいね。
まあ、5万、10万は難しい金額ではないと思うけど、パパの会社やパパ個人に税務調査が入ったら、芋づる式でもって行かれる可能性があるわね。
パパの業種や地位がどの程度のものかわからないけど、だいたい3年に一度は、税務署がやって来るパターンのラインなんじゃないかしらね。
税金に関しては、キチンと対処しておいた方が良いと思うわよ。

あと、お子様の育児が大変な時期じゃない。身嗜みとか気苦労で劣化してないのかしら。
あくまでパパ活なのだから、あまり煤けているとパパにも飽きられれると思うわよ。
奥様自体の問題もあるけど、仮にも既婚して旦那様がいるのだから、パパからしてみれば、旦那様の世間知らずの「しりぬぐい」をしているに過ぎないのだから、いつ切られてもおかしくないわよ。

あと、奥様は元キャバ嬢だったのでしょう。
旦那様との出会いに、キャバ時代の部分が被っているかいないかで、旦那様の世間体に対する考え方も違っているのではないかしら。
こうして考えると、色々と不明瞭な点が多いわね。
これは、旦那様側からの視点で取材して、初めて色々見えてくるのではないかしらね。

タイトルとURLをコピーしました